メデイア理論『孤独な群衆』のなかの「俺様」

【あらすじ】


『孤独な群衆』(こどくなぐんしゅう、英: The Lonely Crowd)は、1950年にアメリカの社会学者・デイヴィッド・リースマンによって発表された著作である(共著者ネイサン・グレイザー・リュエル・デニー)。社会性格論という分野を打ち立てた著作として有名である。

リースマンはまず社会が機能するためには社会の成員が社会の中で担っている役割を遂行することを促すような性格の重要性を指摘する。 しかしながら、そのような社会的性格とは個々人の性格に由来するのではなく、社会環境に由来するものであると考える。つまり社会的性格は社会の情勢に応じて変化するものであり、人口成長期、過渡的成長、初期的減退という人口変化を指標とするような社会変動に応じて社会的性格は伝統指向型から内部指向型、他人指向型へと変化すると論じている。

伝統指向型の社会的性格ははっきりと慣習が伝統によって体系化されており、恥に対する恐れによって人々は動機付けられている。 しかし内部指向型の社会的性格となると社会の成員は権威者または保護者の教育によって道徳律が刷り込まれ、人々は罪の感覚によって動機付けられる。そして他人指向型の社会的性格においては行動の規範よりも対面する人々に限らずマスメディアを通じて知る人々を含めた他人の動向に注意を払ってそれに参加する。彼らは恥や罪という道徳的な観念ではなく不安によって動機付けられる。このような他人指向型の社会的性格が成立した背景についてリースマンは産業社会の特徴と見なし、家族との関係、同輩集団との関係、マスメディアとの関係から要因について考察している。

さらに他人指向型の社会的性格がもたらす消費行動の傾向にも自らの純粋な効用のためではなく、他人志向のための消費傾向が見られるようになっていることを指摘する。また政治指導者において他人指向型の社会的性格を反映していると、政治もマスメディアを通じて他人指向型の消費行動を示す場となっていく。


「おすすめされる」ということ

まずは前説のこちら記事を読んで頂くと理解がスムーズです⇒

『「みんなの意見」は案外正しい』を読んで多数決の正しさの証明ができる?!

メディア社会学『グーグル・アマゾン化する社会』を現代ネット社会に当てはめると?

社会学者のリースマンは現代人における性格類型として他人指向的性格といった考え方を唱えている。

現代に至り、通信や交通が目覚しい発展を遂げ、社会の変動はますます急激になった。その中で、内面への指向すら立ち行かなったときに発ち現れる性格である。

昨今の心理ゲームや心理本の流行は、 この「他人志向型」性格が呼んだものかも知れない。代表的な意見の例として、

「こんにちの社会では人気を得るためには適当な音楽的好みを表現する能力のほうが、楽器を上手に演奏する能力より大事なこととなってきている。ちょうどこれに相当するのが、レコードのコレクションであるように思えた。つまり、レコードを集めることによって、ティーンエイジャーは自分の属する集団への帰属の感情を持つことが出来るし、また、最新流行のメロディーを口ずさむということがその子供の人気を確保する手段なのである。さまざまな曲はじぶんの仲間を意味する。あるいは仲間のひとりであるということを意味する。あるいは、仲間の思い出を意味する。同時にこれらのティーンエイジャーは『正しい』好みを持つことをたいへん気にしていた。」 (『孤独な群衆』デイヴィッド・リースマン67ページ)

がある。

「この商品を買った人は他にこんな商品も買っています」

「アマゾン」にもこういった特性が存在する。

アマゾンを利用した多くの人が経験したことのある「この商品を買った人は他にこんな商品も買っています。」といった表示である。

おすすめされたことでそれらの商品以外には目が行きにくくなってしまう、つまり選択肢がやんわりと(しかし現実に)狭められている点が重要になる。

勧められてない商品を他所で見つけて選ぶ権利はまだあるのに、「選択肢をせばめている」「自由を制約している」ということ、そして「さりげなく」ということがポイントになる。   的を絞り、集中させることで、選択をさせる。

本人の意思とは関係ないところでそういった大衆操作がおこなわれ、扇動しているとすれば、われわれはどうやって生きていくべきか?

すなわち、人が本質的に社会的な存在だというならなおさら、周囲の人々のふるまいの影響が自分自身の考えよりも大きく、行動の動機要因になるのではないか、ということである。

これから私的解釈を記す。

「らしさ」の証明

群衆に埋もってしまうこと。

その他大勢。

大人になるにつれて、『肩書き』が重要になってくると言われる。

「~大学の○○」とか「~会社の○○」とか。今後グローバル社会的に広く言えば「日本人の○○さん」などだ。

いやいや、まず「あたし」を見なさいよ!、I am!   って叫びたくなるようなことが出てくるんじゃないかな。

みんな自分(個性)を出したいと願う。

たとえば、次にパソコン買うならwindowsじゃなくてアップルだなとか、海外旅行するならあえてマイナーな国に行くとか、左利きの練習をする心理とか、とんがった高校生が金髪に染めちゃうことだとか、家族みんなが中日ファン、だ・か・ら・こ・そ、当時万年ビリだった阪神ファンになったりした心境だとか、結婚できるんならお相手はもう20歳年上だ!(ちょっと言いたい意味と違うか)とか。

「違い」は生もうと思えばまぁ意外とできるんですけど、他人との相違は気になるところ。 自分の身長が抜群に低いことも個性的と前向きにとらえるかい?(笑) 大多数の他人とは絶対的に異なるもの。

存在の証明。

マニアやオタク達が生まれる背景? あぁぁ、、、俺は俺だー!的な。リースマンがいう「孤独な群衆」。

ノーマルな物をデコレーションでアピっちゃう感じ。おそらく「~キャラ」みたいにしちゃう、されちゃう原因。

流されたくはない。自分の意見を持っていたい。ちっちゃな反骨心。   特別でありたい、他者と違っていたい、個人でありたい。

「らしさってなに?」

でも社会は強制して、出る杭は・・・。

俺の友達にも同じ時期にみんなが同じリクスーで大移動して型にはまってることに違和感起こして就活に吐き気を感じてた子いたしな。(そんな彼はメガバンク内定を辞退して他大学院の哲学科に進むらしい)

他者と違うことはハミられるのか、個性溢れてるととられるかはわからないけど、「素敵」なことだと思うし、世間がそういった個人で作られる群衆であってほしいなと思う。 よし・・ならお、おれも辞退をしてだな、中田のようにせ、世界を放浪して・・・生きたいように・・・・・・ってできないッス!サーセン! 自分はまだまだそこまでの断固たる決意と周りの目を気にしないへっちゃらソウルは持ってないようで。(泣)

でもどこかで「らしさ」は持っていたいな、って思うのだ。