TOEICクエスト~そして海外赴任へ~

備忘録もかねて自身のTOEIC戦績を載せていきます。TOEICはまさにクエストです。探求し続けなければ一向に強くなれません。スライムを倒し、おおありくいを倒し、成長しなければなりません。しかもラスボス(990点)は遠すぎて見えません。ラスボスに辿り着くまでにゲーム買い替えるかもしれません。笑 まずはBランク(730点)を目指し、呪文・装備・仲間を増やす!(⇚妄想がやばいけどゲーム感覚で楽しまなきゃね)

ぼうけんのしょ

①2008/3    TOEIC公開 505点(L290  R215)

②2008/6    TOEIC-IP     475点(L275  R200)

③2008/6    TOEIC公開   490点(L230  R260)

④2008/9    TOEIC公開 570点(L300  R270)

⑤2008/11  TOEIC公開 580点(L360  R220)

⑥2009/9    TOEIC-IP     685点(L345  R340)

⑦2010/4    TOEIC-IP     620点(L300  R320)


(新形式 2016以降)

⑧2019/7  TOEIC公開      ⇚9年振りですねん

私は将来海外赴任(海外駐在員)がしたいです。より多くのやりがい、報酬、そして社会人としての圧倒的経験値が得られるからです。そのためにはまずTOEICダンジョンをクリアせねばならないんです。(まぁ、うちの会社だとラスボスまでは辿り着かなくてもTOEICクリアになりますけど笑)

現在私は電車通勤中にリスニング聞き流し、出社直前まで会社の目の前のカフェでリスニングテスト、会社帰りに図書館でリーディング、土日どちらかは図書館でTOEIC公式問題集といったように常に「プレイ」し続けています。ゲーマーです。いやむしろトーマーです。ゲームボーイを常に携帯していた少年時代、サトシとピカチュウのように常に寄り添い合い、TOEICをずっと傍に置きプレイし続けること!そうすれば強くなれるのかな。つよくなりてぇ!

2016年5月からTOEICは”新形式”へと移行しました。

会話文が登場人物3人パターン導入されたり、図や掲示板を参照にする問題も登場しました。

特に大きい変更点がリーディングの後半です。Part 6(長文穴埋め問題)が12問から16問に、Part 7(長文読解問題)が48問から54問に増加しました。1文をどこかに挿入しなさい、といいたセンター試験国語もびっくりの問題も出てきました。

英文を読む量が増えたので旧形式よりも素早く問題を読まなければならなくなったわけです。

新形式になってさらに難易度が上がったダンジョンで、私は勇敢なる勇者になる!

俺はなる!