脱サラ、リストラ、転職、お金が欲しい・・・思い悩んだらまずこれを読む!サラリーマンの発想を変える羅針盤

スポンサーリンク

【本のタイトルとあらすじ】


「副業はサラリーマン-年収3000万円、資産1億円超を実現した私の投資法」

経済的独立を果たすことは、精神的自由を獲得することです。

企業倒産やリストラなどによる経済的不安は、そのまま多くの人々の心の不安定につながってい きます。夫が不安になれば、妻が不安になります。そして、両親が不安になれば子供にもその不安が伝染します。

お金があることが幸福のすべてではありません が、お金はひとまず生活の不安を取り除いてくれます。そして、お金と安定した精神状態は自分に夢をみるチカラを与えます。 

(引用原文ママ)


downあああload

お金があればリストラも怖くない

そうです。

誰もがリストラ怖いです。

私も全然仕事遅くて、できないんで怖いんです。

いつもガクブルです。

でもそんな時、会社を辞めても資産運用だけで最低限の生活はできる、家族を守っていける という思いが心のよりどころになるんです。

経済的独立。

独立による自信、 「NO!」と上司に言える心持ち。

なんとたくましいんでしょう。

この本にはサラリーマンの凝り固まった見方を変えてくれるフレーズが何個もあります。

またこの本の中で一番参考に、乱暴に、感動に巻き込んだのは

次の一説である。

作者自は分自身を「ワンマンカンパニー」に見立て、



スポンサーリンク

次のように運用に取り組んだという。

「かつて、100%に近かったサラリーマン事業部に頼る収入構造を、改善し、サラリーマン事業部の収入を全体収入の30%にする。


つまり投資運用部門(株式投資部、不動産事業部)による収入を70%に引き上げる」

(引用原文ママ)

・・・なんてすさまじい考え方なんだ・・・

僕は完全に見えていなかったよ・・・

会社に縛られて、会社が一番ぼくを援助してくれて、

会社がなければ大人じゃない、と思っていたんだ。

そうだね。

今やYoutuberが動画一本で金をかっさらう世の中で、

サラリーは古いのかもね。

僕はこの本を社会人生活の羅針盤、聖書、国語便覧にすることにしたよ。

副業はどっちだ?本業は収入が多いほうだ。

また作者は、

「収入のポケットをひとつ増やした」

と書いている。


1、サラリーマン稼業という第1のポケット
2、資産運用益(副収入)という第2のポケット
3、印税収入という第3のポケット

本を出版し、作家としても活躍中だそうだ。

もうここまで収入経路があるとサラリーマンを超えたよね。

サラリーマンをこえたサラリーマン、超サラリーマンだよ。ほんと。

世の中のほぼ90%のサラリーマンは1のみだろう。

(昨今の投資ブームで、2も増えてきたみたいだけど。)

かくいう私も2を少しかじって、やっと月1万円そこらが得れればいいほうです。

問題は3だな。

印税収入。

このブログが書籍化するような天変地異起きないと無理だな。

でも印税・・・って・・・ええなぁ

永久機関って・・・ええなぁ

サラリーマンの経済的独立ワクワクサポーターとして、

そんなライフワークを私もしてみたいな。



スポンサーリンク